Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://toppon.blog68.fc2.com/tb.php/8-a854abf8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

マーライオン優勢

昨日の続き・・・

















――――――




次の週もマー体育館シューズを履いてきた。


不思議と違和感は無かった。

流石はマー

体育館シューズとマーの組み合わせは最高にマッチしていたのだ


体育館シューズとマー・・・

その絶妙なコラボレーションは人々を魅了していった。

「体育館シューズブームが到来するんちゃうか!?」

きっとマーは思ったに違いない。

そう思っている時にはもぅ人々はマーに近寄らなくなっていた。

マー「(運命の歯車が狂い始めたか・・・)」




完全に初めから狂ってました。





そう思ったマーは必死に友達に話しかける。
















聞いてみました。




マー「学校まで電車で来てるん?」

友「うん。」

マー「原付持ってないん?」

友「持ってるけど・・・めんどくさい。」

マー「バッ、お前アホか!原付どんだけ楽か知らんやろ!」

友「来たことないから知らん。」

はい、友達さん完全にむかついてますねー。

それでもマーは容赦なかった。

マー「お前1回原付で来てみろって!」

友「めんどいやん。」

マー「めんどいとか1回原付で来てみてから言えや!」

友「てか原付で来たことあるん?」

マー「いや、ないけどな。」




ないんかよ∑( ̄□ ̄;)!!!


友「そうなんや。」

マー「でもほんま楽やで!」

友「・・・・」


友達さん完全にキレてました。



俺(きてないんかよ・・・ククク・・)

ちょっと笑っちゃいましたよ。





無視していたのでマーは話題を変える。


マー「ちょ聞いてー。」

友「・・・・ん?」


かなりダルそう( ̄□ ̄;)


マー「先週先生がこの教科書いるって言ったのにさー、今日は使わない
って言われてん。」


友「ふぅん。」

興味なさそー( ̄□ ̄;)

マー「めっちゃむかつかん!?」

友「うん。」

マー「『お前が持って来いって言ったんちゃうんか!!何嘘ついとんねん!!こっちは授業料払ってるんやぞ!!いらんこと言うなや!!』ってな」

友「言ったん?」

マー「いや、言ってないけどな。」


俺(言ってないんかよ・・・ククク・・)

この場にいたらわかりますがこの会話面白すぎます。

ほとんどが空想の話ですからね




一方、友達はかなりあきれてました。



友「やっぱそうやんな。」

もう予想は出来てたようです。

マー「俺拳にぎってたで。」


追い討ちをかけるかのように喋るマー。

友「殴ってないんやろ?」

マー「当たり前やんけ!!こんなとこで殴ったら前科つくやん!!殴る寸前やったけどな。」



一言多いマー・・・。


その時の友達がマーを見る目・・・まるで歯糞を見るような目でした


















友「・・・・。」

マー「・・・・。」

















空気重∑( ̄□ ̄;)
















マーを無視してバスを降りて帰る友達。





















そしてその友達はもう二度とマーと帰ることはなくなった。














今マーが話したことって意味あったのか?



マーの空想の話を長々聞かされた友達。


それを聞いていた俺。




二人が過ごしたこの時間は大学に入ってもっとも無駄な時間だったに違いない。






お願いシマスょ。
FC2 Blog Ranking

こっちも。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://toppon.blog68.fc2.com/tb.php/8-a854abf8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。